一人暮らしを始めるのは社会人何年目からが良いのか?

Sponsored Link
社会人
この記事は約6分で読めます。

どうもkeitarouです。

社会人になったら一人暮らしをしてみたいんだけど、いつから一人暮らしするのが良いんだろう?

あと、一人暮らしをちゃんと続けられるのか心配だ。。。

今回はこんな悩みについて回答してこうと思います。

Sponsored Link

社会人何年目から一人暮らしを始めれば良いのか?

早速結論なのですが、社会人1年目から一人暮らしをしましょう!

以下の理由で社会人1年目から一人暮らしをおすすめします。

Point

  • 社会人2年目からは住民税が引かれる
  • 存分に部屋を探す余裕が無い
  • 数少ない出会いのチャンスを逃すことになる

では、これらの3つの理由について深掘りしていきます。

社会人2年目からは住民税が引かれる

社会人となり会社から給料が支払われるのですが、支給された額面全てが手に入るわけではありません。

控除として、支給額から色々引かれてしまうのです。

控除

  • 健康保険料
  • 厚生年金
  • 雇用保険料
  • 所得税
  • 住民税 ← 社会人1年目は引かれない

ここでポイントになるのが、社会人1年目は住民税が引かれないという点です。

住民税は前年の収入に対して引かれる控除であり、社会人1年目では前年の収入が無いため引かれることがありません。

そのため、

社会人2年目になったら住民税が引かれるようになって、1年目より給料が下がったー!

もう、生きていけねえ。。。

と、社会人2年目に収入が下がる人も中にはいるのです。

また、社会人2年目になると奨学金の返済その他諸々の出費もかさんでいくので、

社会人1年目のときは結構貯金ができていたけど、2年目になったら全然貯金ができない。。。

固定費が高いなあ。

なんて話も聞きます。

これらの理由から、少しでも給料が多くもらえている社会人1年目、一人暮らしを始めることをおすすめします。

結局の所、お金の余裕が無いと一人暮らしを始めるのは難しいですからね。

社会人1年目だと時間的な余裕がある

社会人1年目の間は、多くの企業で残業をすることなく退社することができると思います。

実際私も社会人1年目の時は、毎日定時で退社することができていました。(今となっては、最後にいつ定時退社をしたのか覚えてない位ですけどね。。。)

そのため、社会人1年目の時が一番時間に余裕があるのです。

あと、元気もあります。

また、社会人の年数が増えれば増えるほど仕事量が増えていくので、疲労で休日に一人暮らしの部屋を探すのも面倒になってくるでしょう。

無理無理。

休みの日まで頭を使いたくないzzz

そこで、まだ目の死んでいない元気あふれる社会人1年目に、良い部屋を見つけて一人暮らしを始めてしまうのが良いですね。

数少ない出会いのチャンスを逃すことになる

社会人になるとつくづく思うのですが、出会いが本当にありません。

学生の頃とは雲泥の差で出会いが無いです。

今考えると、学校の給食って凄いですよね。

だって、女子と合法的に何の努力も必要なく食事ができるんですから。

いただきまーす!!!

このように、学校の給食を羨ましがる位に社会人になると出会いが無くなるわけなのですが、当然多少なりとも努力をすれば出会いの機会も増えていきます。

そして、良い感じの子と出会えた時に、実家暮らしだとなかなか不便ですよね?

やっと掴んだチャンスなのに、みすみす逃してしまう事にも。。。

そんな出会いのチャンスを逃さない為にも、社会人1年目から一人暮らしを強くおすすめします!

まあ、一人暮らしの部屋で二人きりになったとして、どうチャンスを生かすかはまた別の話になってきますが。。。

Sponsored Link

一番のおすすめは社宅制度を利用する

全ての企業で利用できるとは限りませんが、福利厚生として社宅制度が用意されているのであれば、是非とも利用することをおすすめします。

特に借り上げ社宅であれば、普通に貸し出されている賃貸に住むことができるので非常におすすめできます。

社宅をおすすめする最大の理由は何と言っても、安く住めるからです。

私も会社の福利厚生を利用して、借り上げ社宅に住んでいるのですが、月3万円という激安な賃料で住むことができています。

しかも、契約時に発生数する敷金・礼金などの初期費用を、会社が負担してくれるので一切支払わなくても良いのです!

私はこの借り上げ社宅のおかげで、社会人1年目から100万円以上の貯金を貯めることもできました。

ただ、借り上げ社宅が安く住めるからと言って、デメリットが無いわけではありません。

下の記事でも書いたのですが、会社を直ぐに辞めることができなかったり住める家がランダムだったりとなにかとデメリットもあります。

社会人2年目にして借り上げ社宅のデメリットに気がついた

ですが、社会人1年目から格安の費用で一人暮らしをしたいのであれば、社宅制度を是非とも活用して欲しいです。

Sponsored Link

一人暮らしが無理だったらキッパリとやめてしまおう!

これまでかなりの一人暮らしをしている人に出会ってきましたが、一人暮らしに向き不向きは絶対あります。

なので、

一人暮らしを始めてみたけど全然向いてないなあ。。。

話し相手がいないとつまんないし、やめたいなあ。。。

と、感じたらきっぱりと一人暮らしをやめたほうが良いですね。

確かに、「引越し費用として多くのお金を使ったのにもったいない」という気持ちはわかりますが、一人暮らしを続けることでストレスや不安を感じるのであれば、一人暮らしを続けるメリットがありません。

自分には一人暮らしが向かなかったんだと、新たな発見として一人暮らしをやめましょう。

また、一人暮らしをやめる以外の解決方法としては、自分のパートナーと一緒に住んでもらうか、今であればシェアハウスを活用するといった手段があります。

何にせよ、プライベートな時間に不安ストレスを感じることは、人生にとってマイナスでしかありません。

Sponsored Link

最後に

一人暮らしを始める前は何かと不安に思うことが沢山あると思いますが、意外と何とかなります。

自炊ができなくても、掃除ができなくても、洗濯ができなくてもなんとかなります。

なんとかならなければ、勝手に自分がなんとかしてくれます。

なので、一人暮らしを初めてみたいと思ったら是非、初めて見ることをおすすめします!

まあ、それでも何とかならないようならきっぱりと一人暮らしをやめましょう。。。

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました