トラックボールマウスを5年間使い続けた私がメリット・デメリットを語る

Sponsored Link
ガジェット
この記事は約5分で読めます。

どうもkeitarouです。

高校生の頃に作業効率が上がると思いトラックボールマウスを購入しました!

まあ、結果として作業効率があがったかどうかわかりませんが、今では手放すことのできないガジェットの一つとなっています。

あと、周りでトラックボールマウスを使っている人が少ないので、ちょっとした特別感を感じれるアイテムにもなっています。

トラックボールマウス使ってる俺かっけー

ということで今回は、5年間トラックボールマウスを使ってわかったメリット・デメリットについて書いていきます。

Sponsored Link

トラックボールマウスのメリット

スペースがいらない

トラックボールマウス最大のメリットはなんと言っても、マウスを操作するスペースが一切必要無いことだと思います。

トラックボールマウス本体を置く場所さえ確保できれば、あとはボールを操作するだけでマウスカーソルを操作できるので、省スペースでの利用が可能です。

普通のマウスであれば、大体マウスの1.5倍から2倍のスペースが必要ですからね。

また、快適にマウスを操作しようとすればマウスパッドなんかも必要になります。

その点トラックボールマウスであれば、そういった追加のアイテムが必要にならないという点もメリットだと言えます。

手首が疲れない

よく、マウスを使いすぎて腱鞘炎になってしまったという話を聞きますが、トラックボールマウスでは絶対に腱鞘炎になることはないでしょう。

これに関しては、絶対の自信があります。

なぜなら、トラックボールマウスでマウスカーソルを操作する時は、指でボールを操作するだけで良いからです。

そのため、手首を一切使うことがありません。

よく、トラックボールについて調べていると、

普通のマウスを使い過ぎて腱鞘炎になってしまったから、

トラックボールマウスを使い始めた!

という話も出てきますからね。

普段マウスを使っていて疲労感を感じている方や、手首の痛みを感じている方は是非一度トラックボールマウスを使ってみてはどうでしょうか。

特別感がある

冒頭でも書いたのですが、トラックボールマウスを使っている人が少ないため、謎の優越感があります。

なので、人とは違うアイテムを使って優越感を感じたいという、厨二病全開な方に是非オススメします!

たまに自分以外でトラックボールマウスを使っている人を見かけると、

お、あの人わかってんじゃん。

トラックボールマウスを使っているとは良いセンスだ

と、心の中で勝手に仲間意識を作っていたりいなかったり。。。

Sponsored Link

トラックボールマウスのデメリット

使い慣れるまでに時間がかかる(個人差あり)

これに関しては完全に個人差のある話なのですが、操作感が合わないという方には本当に合わないかもしれません。

やはり、指でボールを転がすことなんて普段全くしない動作ですからね。

それに、

トラックボールマウスって思ったよりも使えるじゃん!

と思っていても、完璧に使いこなすまでにはそれなりの時間を必要とするかもしれません。

ちなみに私は完璧にトラックボールマウスを使いこなすまでに2,3日かかったと思います。(5年以上も前なので全然定かではありませんが)

そして現在では、ポインターの速度を最速で使うまでに慣れています。

もし、買ってみて合わなかったらメルカリで売りましょう。

高頻度のメンテナンスが必要

メンテナンスなんてかっこよく書いていますが、要するにたくさんトラックボールマウスの掃除が必要ってことです。

トラックボールマウスを使っていると、ボールがはまっている部分に手垢ゴミなどが溜まってくるんですよね。

トラックボールマウスからボールを外した状態

この部分が汚れてくると、ボールの操作性が悪くなり、うまくマウスカーソルを操作出来なくなります。

そのため、ボールの動きが悪いと感じてきたタイミングで掃除をする必要があるのです。

参考までに、私はほぼ毎日ボールを取り外してメンテナンスをしています。

今ではメンテナンスにも慣れてしまったので、作業時間は1分程度ですかね。

そこまでメジャーではない

会社で支給されるマウスや、公共的に使われマウスでは、やはりよくある普通のマウスが接続されていると思います。

まあ、トラックボールマウス自体の価格も4000円程度と普通のマウスより高額ですし、ボールを無くされたら使い物にならなくなってしまいますからね。

そのため、トラックボールマウスしか使えない体(どんな体だよ)になっていると、日常生活に支障が出る可能性もあります。

トラックボールマウスが使えないから作業効率が落ちてしまう。。。

いつもの半分の力しか出せないよう。

私自身も会社から支給されているマウスが普通のタイプのもの(しかも有線)で、割と使いづらさを感じながら作業している現状があります。

こればかりは、トラックボールマウスを愛用していく上での宿命だと割り切るしかありませんね。。。

Sponsored Link

私がおすすめするトラックボールマウスはこちらです!

トラックボールマウスって意外と種類があるんですよね。

そして調べてみると、様々なタイプのオススメされており、何が良いのかわからなくなってしまうと思います。

なので私はこのトラックボールマウスしか紹介しません。

ロジクール M570tです。

このM570 は、私が5年間使い続けたトラックボールマウスと同じものです。(多少ロゴのデザインは違いますが)

このトラックボールマウスの操作方法は至ってシンプルです。

親指でボールを転がしてマウスカーソルを操作する。

以上です。

親指でうまくボールを転がすことができるか心配だという方は、スマホを操作する時を想像してみてください。

皆さんスマホで文字打つ時ってほとんど親指ですよね?

親指でフリック操作して文字入力していますよね?

それなら、親指でボールを操作するのもきっと慣れるはずです!

といっても、価格が5000円くらいするちょっと高額なマウスなので、購入前に家電量販店でどんな操作感なのか試してみるのもありですよ。

Sponsored Link

最後に

一度ハマったらやめられない。

トラックボールマウスはそんな魅力を秘めたマウスとなっていますので、気になる方はぜひ使ってみてください!

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 SW-M570 Unifying 5ボタン トラックボールマウス 電池寿命最大18ケ月 国内正規品 1年間無償保証
タイトルとURLをコピーしました